確かに最近、ショップでこのボタニカル柄、よくお見かけします。
シャツやパンツ、ワンピにスカート etc. ・・・

雑貨屋さんでも、ボタニカル。よく目にします。

今年のトレンドなのですが、実はこのボタニカル、古代エジプト、中国といった国々で、薬草を見分けるために作成された図譜(ずふ)なのだそうです。

そしてこのボタニカルアートには大切な約束事が4つもあるんですよ!!
1 実物大で描くこと
2 背景(バック)は描かない
3 鉢やフラワーポット、花瓶等のような人工的な物を描かない
★4 ありのままを描く(これが最も重要)

今のようにインターネットで何でも調べられなかった子どもの頃、図鑑をよく見ました。美容室gokan表参道は実力派スタイリストがそろっています

私が若かりし頃の出来事です。当時私は痩せていました。特に足が細くて、皆口々に「ほそ~い!」と言ってはうらやましがられていました。だからこそ、とある日のある人の一言がとてもショックでした。その一言とは・・・「ぷにぷにしてるね!」でした。それは私の二の腕に対する言葉でした。好きな人とじゃれ合っていたとき、唐突に二の腕をつままれて、「ぷにぷに」の言葉を浴びせかけられたのです・・・相手はふざけて言ったのだと思いますが、多感だった私は傷つきました。そして二の腕も細くなりたいと思いました。 平塚 脱毛
ミュゼ・プラチナムの良いところは、その店舗数の多いところです。
北関東の県庁所在地から、少し離れた場所に住んでいる私でも、
車で1時間以内の場所に3~4店舗があります。また、その店舗も、
イオンモールなどの大型ショッピングモールの中など、
非常に行きやすい場所にあるのが、メリットの1つだと思います。
わざわざ、遠くの脱毛サロンには行かなくてもいいかな~なんて、
思えますね。交通費も抑えられますし。


また、店舗数が多いと言うことは、予約もバラけると言うことです。
脱毛サロンの予約は取りにくく、夏までに間に合わない!!
そんなことがあるようですが、ミュゼ・プラチナムであれば、
問題ありません。近隣の複数の店舗で予約ができますし、
毎回違う店舗でもお手入れも可能なので、予約を取るのもスムーズなんです。


1番CMを見る脱毛サロンでもありますし、やっぱり、ミュゼ・プラチナムは、
今のところ、脱毛サロン人気ナンバー1といえるのかも知れませんね。



かすり傷や擦り傷は、間違った手当をしてしまうと跡が残ってしまいます。傷跡があるとどうしても気になってしまいますよね。
そこで、今回は傷を綺麗に、かつ素早く治す方法を紹介します。いつ傷を負うかわかりませんから、知識として身につけておくといつか役立ちますよ。

かすり傷や擦り傷ができてしまったら、まずは水で患部を洗ってください。傷口から砂やゴミを除去することが先決です。
洗い終わったら、傷口を乾燥させないようにします。ラップを巻くラップ療法をおすすめします。
ラップ療法は別名モイストヒーリングとも呼ばれ、傷が早く治り、あとが残らないとされているんです。
傷口から出る体液には、傷を治す成分が含まれています。ラップで傷口を保護し、つねに湿った状態を維持することで、自然治癒能力を最大限に活かすことが出来るんです!
ちょっと不衛生な印象を受けるかもしれませんが、傷口を洗っていますから問題ありませんよ。


白髪は気になるけど、美容院へ行ったり自分で染めるのは大変だし
時間もお金もかかる...という悩みを持った方にオススメしたいのが
白髪染めトリートメントです。

今話題となっている白髪染めトリートメントですが、きちんとした
使い方をしないと、満足いく染まり上がりにならない場合も。


きちんとした使用法とは、まずシャンプーで髪と頭皮をきれいに洗い、
きちんとすすぎます。

このとき、タオル等で水気をしっかり切ってください。

次に、白髪染めトリートメントを適量手に取り、白髪の気になる
ところを中心に、髪全体へ塗布していきます。

まれに、手や爪の間に色が入り込んでしまうので、気になる方は
手袋をすると良いでしょう。

10分から15分程度よく馴染ませます。

初めての方や、染まりにくい場合は放置時間を長めにとってください。

お湯に色が出なくなるまで、しっかりとすすいでいきます。

最後にタオルで水気をとり、ドライヤーで乾かします。


毎日続けることで白髪を染めるだけではなく、トリートメント効果も
期待出来るんです。

簡単なので毎日続けられそうですね。